東方神起、チャンネルVミュージックビデオアワード 2部門席巻

060616_tvxq_VMVA_04

アジア最高人気グループで急浮上中の東方神起が、タイで開催されるチャンネルV ミュージックビデオアワードで主要 2部門を席巻した。

東方神起は今月16日、タイBEC TEROホールで開かれる第5回チャンネルV ミュージックビデオアワードから“アジアで最も人気のエンターテイナー”と“国際最優秀ミュージックビデオ”など、主要部門を圧倒的な支持で受賞するようになったという。

今回の受賞者は、携帯電話、SMSとインターネット投票で決まったが、東方神起は20.46%を占めた日本のTacke&Tsubasaと 12.25%の支持率を得た台湾のワン・リーホン(王力宏)を押さえ、 43.22%という圧倒的な差を見せた。『Rising Sun』も、また、 48.21%の支持を得て、前例のない支持率を記録した。

今年で5回目を迎えるチャンネルVミュージックビデオアワード受賞者で、同時に2部門を席巻した歌手は、東方神起が初めて。これは総20部門中、外国人がノミネートされる部門が6つに限定されているためで、その意義はさらに大きい。

中国など、中華圏マスコミでも東方神起の受賞の知らせを一斉に伝え、名実共にアジアを代表する大型グループとして、確かな位置づけをしたと評価した。

【出典】http://www.wowkorea.jp/news/enter/2006/0619/10010150.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。