「第3回アジアソングフェスティバル(Asia Song Festival 2006)」光州で開催

過去1、2回のイベントにアジア各国のトップスター歌手たちが参加し、大きな関心を呼び起こした「第3回アジアソングフェスティバル(Asia Song Festival 2006)」が文化首都光州で開催される予定である。

光州市はイベントを主催する文化観光部傘下の(財)アジア文化産業交流財団と来る9月22日、光州ワールドカップ競技場で第3回アジアソングフェスティバルを開催することで最終合意したと発表した。

この度の行事には、韓国、中国、日本、台湾などのアジア7〜8カ国最上級スター歌手10余チームが出演して、近年では珍しいアジア最高の音楽の饗宴を繰り広げる計画だ。

また、付帯行事として「アジア音楽産業CEOフォーラム」を開いて、アジア音楽市場の共同​​発展方案を模索して、これとは別にイベントに参加するトップスター歌手たちのファンクラブを対象に事前観光プログラムを推進して、これらの訪韓時、様々な韓国文化体験の機会を提供する予定である。

同イベントは、NHK(日本)、CCTV(中国)、ATV(香港)、TVBS(台湾)などアジアの主要放送局によって放送される予定で「文化の首都光州」を促進することができる良い機会になるものと見られる。

昨年のイベントは、釜山APEC前夜祭として開かれ、韓国の東方神起とチャン・ナラをはじめ、中華圏最高の歌手に自他が公認する陳慧琳(香港)、日本の代表歌手である相川七瀬、中国代表ロック歌手チューもう(崔健)など7国のスター歌手10余チームが出演してコンテストを行った。

その中に光州市は去る2月から(財)アジア文化産業交流財団と接触して、広州でのイベント開催のために多くの努力をしてきた中で、6月12日、財団側から光州開催確定という公式通知を受け、大規模なイベントの光州誘致という結実を結ぶされた。

本イベントを通して光州市は、アジア文化中心都市としての光州のイメージを高め、ビエンナーレ開催期間(’06.9.8-11.11)中にイベントが開催され、観光客の誘致に多くの助けになるものと期待される。

一方、光州市は今回の行事のために会場大観と宿泊案内、車両支援などの行事が円満に進むことができるよう、様々な便宜を提供する予定である。

【出典】http://media.daum.net/press/newsview?newsid=20060612160210645

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。