東方神起主演 “劇場用TVドラマ”制作決定

5人組男性グループ東方神起が、国内で初めて制作される劇場用TVドラマに出演する。

SMエンターテイメント(以下SM)のイ・スマン理事は15日午後、ソウル清淡洞(チョンダムドン)リベラホテルで開かれた『SMエンターテイメント創立10周年記念ビジョン宣布式』で、「今年中に東方神起が出演する、劇場用TVドラマを制作する」と明らかにした。

この劇場用TVドラマは、約50分から60分程度で、2部作ドラマとして制作される予定。

イ・スマン理事は「TVドラマを撮った後に、希望するファンに限り、ひと足早く劇場で観られる形式だと思ってくれれば」と説明した。その後、TV、インターネット、DVDを通じて順々に公開していくという。
また「来年の冬にはSMが制作する映画やドラマを見ることになる」と付け加えた。

SMエンターテイメントは、SMジャパンとSMチャイナに続き、アジア市場を狙ったSMアジアを設立する計画も打ち明けた。SMアジアを通じ、アジアのエンターテイメント市場全体を占領するという。

一方、この日のイベントには東方神起、KANGTA(カンタ)、ソン・チチャン、オ・ヨンス、Super Junior(スーパージュニア)、コ・アラ、イ・ヨニ、TIN TIN FIVEなどのSMエンターテイメント所属タレントたちが参席。また、アン・ソンギ、ユヨル、LPG、イ・ムンセといった芸能人が大勢参席し、祝賀メッセージを伝えた。

【出典】http://www.wowkorea.jp/news/enter/2006/0217/10006105.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。