デビュー581日東方神起、「Rising Sun」のショーケース最強の舞台

東方神起がとどろいた。観客を圧倒した最強の舞台だった。

久しぶりにファンの前に姿を現した東方神起は「Rising Sun」で爆発し、5万のファンは彼らの動作一つ、表情一つに熱狂した。

東方神起は10日午後8時、ソウル蚕室(チャムシル)オリンピック主競技場で2集「Rising Sun」のショーケースを開いた。

昨年2月7日「Hug」を持って大衆の前に姿を現した東方神起は、581日ぶりに大韓民国大衆をひきつける最高の人気グループとなっていた。
この日のショーケースは、「Hug」が開いた。特に負傷したジェジュンが座ったまま曲を始めましょう客席では驚異的な歓声とため息をつい、応援などが一斉に出てきた。

柔らかいアカペラ舞台を終えた後、東方神起は「感無量だ。カシオペアの皆さんのために何をしてくれることができるか悩んでこのショーケースを用意した」と挨拶した後、「たくさん努力したアルバムである。12日正規2集が発売される」と述べた。

続いて「2月の新人」に登場した彼らの姿とTVのインタビューなどで装飾された放送のハイライト映像が出てきた、個人舞台が続いた。

まず、ユチョンが「I Knew I Loved You」を歌って初秋の夜にふさわしい叙情の舞台を飾った、この歌の途中で出てデュエットで仕上げたチャンミンがポジションの「I Love You」を歌った。

続いてFila撮影スケッチ映像が出てきた、メンバーの気がかりなことを調べてみた「東方神起、真実を明らかに与える「時間が進行された。

このQ&Aの時間後に再メンバーら個人技の舞台が開かれたが、シア・ジュンスがビックママの「諦め」を熱唱し、ユンホはアッシャーの「Yeah」などに合わせて華麗なダンスとパフォーマンスを披露した。

続い舞台で、これらは再びそれらを今のこの場にようにしてくれた曲「Hug」を歌った後、2集アルバム収録曲であるポップバラード「バカ」を美しい和音に聞かせた。

特にこの曲を簡単に説明してほしいというMCのニーズにチャンミンが「私はあなたを愛し、しかしあなたは知らないので、あなたはバカ」と言うファンはジャジロジドゥト悲鳴を上げた。

エンディングコメントの東方神起メンバー皆は負傷した英雄在中の快癒をビルおり、ジェジュンは涙を浮かべあるが、「この場を通じてカシオペアの愛東方神起のチームワークを確認した」とし「私一つも痛いです。痛く悲しい姿の代わりに笑うよ」と言ってファンを熱狂させた。

最後に、東方神起は、今回の2集のタイトル曲「Rising Sun」の最初の公式舞台を披露した。

作曲家ユ・ヨンジンの作品である「Rising sun(純粋)」で東方神起は、さらに男性らしくスタイルとパワフルになってダイナミックになったパフォーマンスで舞台をぎゅっとつかんだ。

これらの「Rising Sun」の舞台を見たファンたちは口を塞がらないし、客席の雰囲気は最高潮に達した。したファンは “メンバーらの新しいスタイルが眩しいほど洗練されており、パフォーマンスも完璧だった」とこの日断然「圧巻」だった「Rising Sun」の舞台に絶賛した。

この舞台は、負傷したジェジュンが一緒にできず、ファンは4人の東方神起が登場した「Rising Sun」の余韻を秘めたまま、ジェジュンの全快を祈ってチョンチョンヒ主競技場を抜けていった。

【出典】http://media.daum.net/entertain/enews/newsview?newsid=20050911144010849

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。