東方神起 『Somebody To Love』ミュージックビデオ日本1位

グループ東方神起の『Somebody To Love』ミュージックビデオが最高の人気を記録した。

日本のミュージックビデオ専門チャンネル、スペースシャワーVMCの<EDGE>で去る7月16日から31日まで実施された人気投票で1位に上ったもの。

『2 late』のGrooveline、『ヒトリジメ』のライムライト、『USUAL LIFE』のAla、『Love Song』のFaithと火花が散る接戦を繰り広げた後、東方神起の『Somebody To Love』ミュージックビデオが最高のミュージックビデオに選ばれた。

これにより東方神起は8月1日から15日までケーブルTVと衛星放送スカイパーフェクトTVのスペースシャワーTVのVideo Musicチャンネルでの放送回数決定に優位を占めた。のミュージックビデオに対する反応と投票を通じ、1位に決定されればその次の月に該当するミュージックビデオが多く放送されるというもの。

人気投票を進行したスペースシャワーVMC関係者は「東方神起は投票初日から着実に票を集め、7月31日投票締め切りの結果、圧倒的な票差で1位に上がった」とし、「東方神起の2番目の日本シングル『Somebody To Love』の人気がそのまま反映したもの」「これにより東方神起が、韓流歌手ではなく、日本のJ-POPアーティストとしての地位を固める過程を見せた」と分析した。

一方、東方神起は去る29日から3日間、名古屋・大阪・東京3都市で<アカペラ体験会>を開催し、2500名のファン達の熱い声援の中、イベントを成功裏に終えた。

<アカペラ体験会>に参加した東方神起は『Somebody To Love』とBoyz II Menの名曲『In The Still Of The Nite』の2曲をアカペラで歌いファンを魅了した。

【出典】http://www.wowkorea.jp/news/enter/2005/0803/10002268.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。