東方神起、4カ国語「堪能」

5人組みダンスグループ東方神起が、日本語実力が日々進歩している。

去る14日、ホワイトデーに日本ファンたちに動画メッセージを送った東方神起は、水準級の日本語実力を遺憾無く発揮した。所属社SMエンターテイメント関係者は「東方神起のメンバーたちは、デビューの前から日本語を勉強して来た」苦戦して「歌手活動を始めた後は、海外進出を念頭に置き、日本語と中国語の勉強を竝行した」とし、早いうちから韓流歌手として出る計画を立てて来たことを明らかにした。

アメリカで東方神起に合流し、英語が上手なミッキーユチョンは、水準級の日本語実力と中国語を研き、韓国語まで合わせて4カ国語を話す。東方神起は韓流歌手としては初めて、4日から毎週月曜日早朝、東京TVの音楽プログラムに5分間の固定コーナーが用意されるほどで、次世代韓流スターの真価を認められている。4月末にはシングルアルバムで本格的な日本進出に出る。

【出典】http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=40654

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。