東方神起、温かな隣人愛を伝える

5人組ダンスグループ「東方神起」が正月を迎えて京畿道光州ソンブンド福祉館の障害児のために冬用ジャンパー200着を寄贈した。

「東方神起」は約2500万ウォン(約250万円)相当の冬用ジャンパー200着を寄贈し、今月中旬に福祉館を直接訪問して障害児と特別な時間を過ごす予定。

「東方神起」とソンブンド福祉館との縁は、去年12月リリースしたキャロルアルバム「The Christmas Gift From 東方神起」で、イ・ヘイン修道女の詩「毎日私たちの話す言葉は」のナレーション部分を「東方神起」が収録したときからになる。

【出典】http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=38476

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。