東方神起、アルバムチャート25位内に3枚ランクイン

日本でも人気上昇中の新世代5人組みグループ東方神起の本国での人気が冷めることがなく、話題になっている。

東方神起の衰えることを知らない人気は「2005 ゴーニュースネチズン芸能大賞月刊MVP」候補として男性歌手賞で2位、最高グループ賞で2位にランクしていることを見ればわかる。現在、韓国を留守にしていることを考えれば、東方神起に対するファンの烈火のような支持は異例的なものといえる。

東方神起は「ネチズン芸能大賞月刊MVP」男性歌手上部門で1937票を得たトニー・アンに続いて、1144票で2位にランクイン、最高グループ月刊MVPには、神話(Shinhwa)に続いて、996票を得てやはり2位にランクされている。

しかし、東方神起のファンは、レース前半で2位を走っていることに対してとても悔しがっている。あるファンは『オッパたちがいたら1位は問題ないのに』といいながら、彼らの外遊を惜しんでいる。

東方神起のアルバムは、彼らの留守にもかかわらず、Hanteo週間チャートベスト25のうち、3枚のアルバムがランクインしている。

ファンは日本ツアーに大きく期待をしている。ファンは、日本ツアーを通じて今よりもっと発展した2集をリリースしてくれると信じている。

【出典】http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=38340

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。