[BARKS]韓国から要注目の5人組登場!!東方神起がついに日本上陸!

2005_tvxq_image_01

一つのドラマをきっかけに訪れた空前の韓流ブームにより、韓国の映画やドラマ、そしてK-POPと呼ばれる韓国の音楽に、一層の関心が集まるようになった。今、その魅力にさらに多くの人が共感、様々な分野において単なるブームメントではない、日韓の交流の場がさらに開けたと言ってもいいだろう。そんな中、11月25日、韓国ではすでに大人気という期待の新人“東方神起”が日本デビューを果たした。彼等は11月23日、デビュー日に合わせたプロモーション・イベント(大阪・名古屋・東京・横浜・福岡)を行なうために来日。そんな東方神起に、デビュー曲「HUG」と日本デビューについて語ってもらった。

──今日まさにデビュー当日(取材は11月25日でした)なわけですが、今の気持ちは?

ジュンス:ちょっと不思議な気持ちですね。今日は取材なので、まだCDショップへは行っていないんですけど、とてもドキドキしてますよ(笑)。

──「HUG」は韓国でのデビュー曲でもあるけど、同じ曲で日本でのデビューを飾るということについてはどう思いますか?

チャンミン:今回、英語で歌うのも、海外で自分達の曲がリリースされることも初めての経験なので聞いてくれる人達が、どういう反応を示してくれるかがとても楽しみです。それと同時にやはり海外デビューということで、少し緊張しています。

──「HUG」はストリングスも入っていて、メロディがとても柔らかな印象の楽曲ですが、どのような想いを込めて歌いましたか?

ユンホ:とても純粋な恋を描いている曲なので、少年のような純粋な気持ちで、まっすぐな想いを伝えようと思って、いつも以上に歌い方を試行錯誤しながら一生懸命歌いました。温かさを持った曲だと思うので、そこをとても意識しました。アカペラならではのハモリと、イントロ部分のコーラスも聴きどころだと思いますので、ぜひ注意して聴いてみて下さい。日本のみなさんにも、恋する純粋な気持ちが、僕達の歌声から感じ取ってもらえたらうれしいです。

──間奏部分ではアッパーなリズムに切り替わり、そこではダンスシーンもありますよね。

ユチョン:はい。そこは見せどころです! 歌はコーラスが聴きどころで、間奏部分はダンスシーンが見どころなので、しっかりと見て下さい(笑)。

──なるほど(笑)。今回のレコーディングは日本で行なわれたそうですが、どうでした?

ジェジュン:レコーディングは9月くらいに行なわれたんですけど、そのとき初めて日本に来たし、海外でのレコーディングも初めてでした。最初は緊張と不安でいっぱいだったんですけど、日本のスタッフの皆さんがとても親切にしてくれたのでスムーズにいきました。

──PV映像も日本で撮影されたんですか?

ユチョン:そうです。『ディファ有明』というホール会場だったんです。やはり、最初は言葉が通じないということもあって不安もありましたが、ちゃんとわかりやすく説明してくれたし、スタッフの皆さん達が本当に親切な方達ばかりだったので、やりやすかったです。とてもいいPVになったんじゃないかと思います。

──今回デビューシングルには「HUG」のオリジナル・ヴァージョンと韓国での2ndシングル「The Way U Are」のPV映像も入っているんですよね?オリジナル・ヴァージョンの「HUG」はインタナショナル・ヴァージョンよりも初々しい感じの映像ですよね。

ジェジュン:オリジナル・ヴァージョンは今から1年前に撮影したモノなんです。曲の雰囲気や、歌詞の内容に合わせて初々しい感じになってます。顔が今よりも子供っぽいですよね(笑)。

チャンミン:「The Way U Are」は、「HUG」とは違った印象の曲を歌っているので、日本のみなさんにも、ぜひ聴いてほしいということから、今回PV映像を入れることにしたんですが、季節ごとに成長していったメンバーの姿も見てもらえると思います。

──今作は、東方神起のスキルの幅広さと成長を感じられる1枚になってますよね。現段階の東方神起を網羅できるというか。

ジェジュン:そうですね、東方神起はみなさんの要望に合わせて、若いイメージになったり、大人っぽいイメージになったり、いろいろ変身できるので、ご要望によってはいつでも変身します(笑)!

──変身? あははは。そうなんだ(笑)。

ジェジュン:(日本語で)そうです(笑)。

──今回、韓国での1stアルバム『TRAI-ANGLE』も同時発売されるんですよね?

ジュンス:はい。これは韓国ですでにリリースされているアルバムなんですが、韓国語の歌詞のままリリースされるので、とても誇りに思ってもいます。ブックレットには日本語で歌詞の説明もしてあるので、それを読んで理解して、より深く曲を感じ取って下さい。

ユンホ:このアルバムには、アカペラからR&B、バラード、ポップ・ダンス、ヒップホップ、ロック・オーケストラと本当に様々なジャンルが入っているので、幅広い人達に聴いてもらえるアルバムになっていると思います。

──今後、自分達で作詞・作曲をしてみたいと思いますか?

ユチョン:だいぶ前から5人共、作詞・作曲には興味があって、自分達の中では作っていたりもするので、ゆくゆくはアルバムにも入れたいですね。でも、今はとにかく歌を頑張りたいと思ってます!

──では、最後に1人ずつメッセージを。

ジュンス:一生懸命努力して頑張りますので、ぜひ、応援して見守っていて下さい!
チャンミン:みなさんと、より深く通じ合えるように一生懸命頑張ります!
ユンホ:正直と最善を胸に一生懸命頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。
ジェジュン:どうか「HUG」をたくさん愛して下さい。一生懸命頑張ります。そして、いつまでも変わらない東方神起でいたいと思います。

ユチョン:これからもタイトルの「HUG」のように、ファンの皆さんを温かくハグしてるような気持ちで頑張って歌っていきたいと思いますので応援して下さい(ここで隣に座っていたジェジュンがユチョンをハグ)。

【出典】http://www.barks.jp/news/?id=1000004522

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。