東方神起、外信記者選定「外信広報賞」を受賞

アカペラダンスグループ東方神起が9日プラザホテルグランドボールルームで開かれるソウル外信記者クラブ「送年の夜」のイベントで外信記者が選んだ外信広報賞を受賞する。

外信記者クラブ外信広報賞は、海外の韓国に対する認識を高めた個人や団体に外信記者たち功労を認めてくれる賞。

東方神起は2004年、新たに浮上した韓流スターとしてアジア圏に韓国の大衆文化を広く知らしめた点を高く評価され、音楽部門の受賞者に決定された。

今年外信広報賞東方神起のほかヒト胚性幹細胞の培養に成功したソウル大学の黄禹錫教授、ソウル市、KT、極端予感のJUMP、映画「空き家」、2004年アテネ五輪金メダリストムン・デソンなどが一緒に選ばれた。

この日の行事にはソウルを世界に知らせる外信記者だけでなく、外交官、政治、経済、社会の主要人物が参加し受賞者たちの公演も繰り広げられる。

外信広報賞受賞の知らせを聞いた東方神起は、「名うての受賞者の方々と一緒に意味深い賞を受けることになりとても光栄だ。もっと熱心に努力して韓国を海外に知らせるのに貢献する東方神起がなる」と所感を明らかにした。

【出典】http://www.chosun.com/se/news/200412/200412070210.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。