東方神起ファン、所属会社と「正面衝突」

グループ東方神起のファンと所属会社SMエンターテイメントが対立している。

東方神起が今月17日発売したストーリーブック「TVXQ! Special Photo Essay in LosAngeles」から始まった解散説のため、ファンが団結し所属会社に解散反対意思を表わしている。

今までアルバム不売運動などをしてきた東方神起のファン連合が23日『メンバー交替がない』という所属事務所側の回答を受けたため『不売運動を中断する』と明らかにして対立はおさまったが『約束が守られなければまたアルバム不売運動を始める』という立場で両側の葛藤はいつでも再開されるよう。

東方神起のファンは、最近解散説が出回ると『東方神起の五人のメンバーを保護しなければならない』という主旨でファン連合を結成。 22日SBS「生放送人気歌謡」の会場で各メンバーの名前と「あなたたちだけが東方神起です」と書かれたプラカードを持ってSBSソウル登村洞の公開ホールでデモをする一方、東方神起が出演したCM製品及びアルバムに対する不売運動まで行ってきた。

また22日午後、東方神起プロジェクト反対連合サイトでは1万6,000人余りのファンが参加して署名運動まで行い、参加者のアクセスが急増して23日午後までアクセスできないというハプニングも起こった。

【出典】http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=35064

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。