カンタ、BoA、東方神起「安重根記念事業会に5千万ウォン寄託」

8日夕方、ソウル劇場で開かれた「まな板安重根」の最後の試写会にはカンタ、 BoA、東方神起などSM所属芸能人らとスポーツスターらが参加した。この日の行事には、これらのファン800人余りが集まって人だかりを成した。

この日の試写会がある前ナム・ヒソクの社会で安重根義士記念事業会にカンタ、ボア、東方神起は5,000万ウォンの寄付を寄託した。

国のために犠牲にした安重根義士と愛国烈士たちの業績を称える映画の趣旨を説明したBoAは「愛国心を刺激して、映画を見て、多くの意味を感じて帰っていきたい」と参加所感を明らかにした。

寄付を寄託したこれらの芸能人は、キム・グンテ保健福祉部長官とハムセウン花嫁から感謝状と安重根義士記念事業会の名誉会員証が授与された。加えて、アテネ五輪重量挙げメダリストチャン・ミラン、イベヨウン選手などのスポーツスターと以上、消防車のキム・テヨン、ピョヨウンホなどが参加して席を輝かせた 。

「まな板安重根」はハルビン駅で伊藤博文を暗殺した安重根義士の11日間行方を描いた映画で10日に公開される。

【出典】http://hyunynara.com/zboard/zboard.php?id=hyun_1&page=10&sn1=on&divpage=1&sn=on&ss=off&sc=off&keyword=%C7%F6%C0%CC%B6%FB&select_arrange=hit&desc=asc&no=3722&PHPSESSID=381c159bee6e47a9185fb17e0d05f66b

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。